• ホーム
  • 障がい者雇用を農業を通じて

障がい者雇用を「農業」を通じて

企業の障がい者雇用を「農業」を通じて

企業の障がい者雇用、お困りではありませんか?

一般企業での障がい者雇用は「50人以上の企業に付き1人」の雇用が義務付けられていますが、実際には雇用を創出することは企業にとって簡単ではなく、企業ストレスにつながるなどの問題も見られます。近々に解決しなければならないという中で、多くの企業様が「法で定められたものはきちんとクリアしたいが、それによって懸念される社内の問題はできるだけ避けたい。」とのお悩みを抱えていらっしゃるのが実情です。

障がい者の方々の現状と課題

次に、障がい者の方々の「就労」の現状です。働くことのできる能力・体力がありながら、機会が見つからない方々がいらっしゃいます。その中には、訓練すれば自分で生活ができるようになる方々もいます。しかしながら、一部の限られた仕事からだけの収入では自活は難しく、結果的に家族と一緒にいるほかありません。ご両親の中には「心配で、自活させるように動き出せない」という想いと「自分たちが先立ってしまった後、どうやってこの子は生きていくのだろう」との想いのジレンマに悩んでいる方々も多く「機会があれば自活できるようになりたい」との希望を、本人もご両親も持っておられます。

ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせ
TEL:050-5578-6310
 - 月~金:10:00~16:00

メールでのお問い合わせ
» メールフォームはこちら

Copyright (C) ドリームプロジェクト All Rights Reserved.